スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

残業代を含む賃金制度 

こんばんは。ソフトバンクの予想外に期待しつつもなんとなく au by KDDI から変更する気にはならない林です。

さて、本日は残業代を含む賃金制度について。
こんな相談があります。

「残業代は含まれたお給料になっているのでどんなに働いても残業代は全く出ません。」

このように、残業代を予め含んだ賃金となっているケースは珍しくありません。

法的には時間外労働はあくまで例外扱いではありますが、実際のところ常態化している場合、残業代を予め含んだ賃金を設定すること自体は違法ではありません。

しかし、「残業代含む」というルールをつくれば良いだけであれば「時間外労働には割増つけて支払わなければならないよ」という法律自体が無意味化してしまいます。

よって、含んだ賃金制度を設定する為には、「時間外労働○○時間を含む」などのように一体どの程度の時間外労働が含まれているのかを明記しておかなくてはなりません。

これがなく「残業代含む」だけでは無意味に等しいと言えるでしょう。
あくまでも「時間外労働に対して割増賃金を支払う」が基本です。


では具体的事例です。求人広告に以下のようにあったとします。

a) 基本給20万円
b) 総支給25万円(時間外45時間含む)

一見 b) の会社のほうが条件が良いように見えますが、時間外労働が45時間だった場合には・・・

a) 基本給20万円+時間外割増約6万5千=約26万5千円
b) 総支給25万円

というように a) の会社のほうが賃金は高いことになります。
もちろん、b) の場合には時間外労働が0時間でも25万円はもらえますが・・・。

残業代を含む賃金制度になっているみなさん、ポイントは『一体何時間分の時間外労働分が含まれているのか』です!

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!
スポンサーサイト

[2006/10/24 20:26] 賃金 | TB(0) | CM(0)

- コメントの投稿 -















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roudou.blog61.fc2.com/tb.php/86-a415028e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。