スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

労働法制見直し ~労働時間規制の適用除外制度①~ 

みなさんこんにちは。労働サポートセンターの林です。

さて、みなさんもご存知のように労働基準法で以下の原則が定められています。

<<労働時間>>
1日 8時間
1週40時間


<<休日>>
週1日もしくは
月4日


そして、これらを超える労働に対しては、割増賃金を支払う義務が会社にはあります。


このような労働時間の規制に対して、現在検討されている労働契約法制では、アメリカで実施されている「ホワイトカラー・エグゼプション」という制度をモデルにした

「労働時間規制の適用除外制度」

を導入するという考えがあります。


この制度は、一定の範囲のホワイトカラー労働者について、労働時間などに関する規制を外してしまう制度のことを言います。

厚労省は「自律的労働にふさわしい制度」と掲げています。

労働時間に裁量をもって働く・・・
労働者が自立的に能動的に働く・・・

そのためには1日の労働は8時間という原則は不要ということなんでしょうか。

対象となる労働者の範囲の基準はさまざまな意見が出されていますが、日本経団連は、年収400万円以上の労働者を対象とすべきなどと打ち出しています。これは発表当時、かなり労働組合や労働弁護団などの批判の的になっていました。

こんな制度の導入が引き続き議論されている訳ですがみなさんどのように感じるでしょうか。次回は問題点について書いていきたいと思います。

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

ちなみに・・・

5月1日はメーデーです。世界各国で働く人たちのお祭りの日です。
このメーデーの由来をご存知ですか?

1886年5月1日にアメリカの労働組合が「1日8時間労働」を目標にデモやストを行ったのが起源なんですよ。これが後に勝ち取られて日本の労基法にも受け継がれているんですね。

当時は1日12時間とか14時間労働というのが珍しくなかったそうです。

労働時間の法規制の適用除外の枠がどんどん増えていってしまったら・・・この5月1日のメーデーをどんな思いで迎えるんでしょうね。
スポンサーサイト

[2006/09/13 18:00] 労働法制見直しの動き | TB(0) | CM(2)

きになる店員の態度

この話題とは全く関係ない話題をひとつ。
先日、ファミレスで料理とデザートを頼みました。
料理を食べ終わり、いくら待っても「食後に」と頼んだデザートが出てきません。「頼んだデザートは?」と
担当ウェイトレスに聞くと、「まだきてませんか?」の一言。担当はあなたのはずでしょと思い。「あなたに頼みましたよね?」と聞き返すと、悪びれもなくその後、10分くらいで「はい。どうぞ」と突き出すように配膳されました。あきらかに忘れていたのだと思います。
高校生、大学生くらいの人ならともかく、そのウェイトレスは大人の女性だったのでえらく失望しました。
世代が代っているのでしょうか、私の勤務する製造業の現場でも責任感のない行動をとる若年者が増えたように思います。商業分野でも同じようなことがおきているのでしょうか。
[2006/09/19 08:18] asahi [ 編集 ]

コンビニの店員さん

こんにちは。RSCの林です。
店員さんの態度!いろいろありますよね。
私は友達と行ったコンビニでお店が混んでいる訳でもないのに「邪魔よ!」とばかりに私たちのいる場所をほうきで掃き掃除続けられたことあります。自分の決めた順序で掃除したいのかもしれないけれど、客の邪魔になるような掃除するなよ~と嫌な気分になりました。
かと思えば、よく行く近くのコンビニでは店長さん以下、どの時間帯に行ってもにこにこであいさつしてくれて、稀に見るすがすがしい接客態度です。
同じセブンイレブンですが、世代もあるのかも知れませんが、お店の教育もあるのかなぁと思います。
[2006/09/20 12:51] 林@RSC [ 編集 ]

- コメントの投稿 -















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roudou.blog61.fc2.com/tb.php/73-0542db84






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。