スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

退職前の完全有休消化は可能か? 

こんにちは。労働サポートセンターの林です。

本日は有給休暇について。
当センターへの相談の中で有休に関する相談はNo.3の多さを誇っています。なかでも、有休を全て消化してから退職したいという相談は多いです。

結論を言えば、可能です

有休が法律でどのように定められているのか以前も書きました。おさらいします。

法律(労働基準法第39条)では、使用者は有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならないと定めています。

また、『請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。』とも定められています。(時季変更権と言います)

これだけです。

つまり、会社は「その時季に休まれてしまうと事業運営に重大な影響がでちゃうよ!」という場合のみ、他の時季にして下さいと言うことができます。労働者の有休の請求に対し、会社の持つ唯一の事実上の拒否権です。

ここまでおさらいでした。

さて、会社は時季変更権しか拒否権を持っていないわけです。しかし、退職前というのは変更する時季がないことになります。よって、会社は時季変更権を行使することができない=労働者は請求した時季に有休を取得できるとなります。

ちなみに、「引継ぎも満足にしないでそれでも社会人か!!社会的責任を全うしろ!」という上司は非常に多いようですが、「労働者は退職する場合には業務についての引継ぎを終了させておかなければならない」などという法律はありません。「辞めます」と宣言して14日経過すれば労働契約は解消される(※)というのが法律の定めるところです。気持ちは分からないでもないですが、労働者にあたってはいけません。

さて、これが法律ですが、これをそのまま会社に言っても有休を消化させてくれるかは分かりません。駄目だった場合は労働基準監督署に相談して、労基署から会社を指導してもらいましょう。

また、有休は消化する義務があるわけではありません。上に書いた上司の意見に賛同する方は、権利を行使しなければ良い、もしくは引き継ぎ期間をばっちりとって退職時期を決定してください。

(※)無期雇用契約の場合です。

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!
スポンサーサイト

[2006/06/29 17:44] 有給休暇 | TB(0) | CM(4)

退職時の引継ぎ

退職時の引継ぎ。経験があります。
どんなに懇切丁寧に教えて、
文書に残しても引き継ぐ側にはわからない部分が残ります。それまでも解消してから退職しろとは、無理な話だと上司に言ったことがありました。業務を属人的にしたまま放置した上司も悪いよな~と。。
結局、上司とはわだかまりを残したままの退職となりました。
その時は有給休暇は権利と割り切り、
しっかり消化して退職しました。

[2006/06/30 12:53] asahi [ 編集 ]

なるべく円満に・・・

asahiさんコメントありがとうございます!
立つ鳥後を濁さずと言いますが、退職に絡む相談は他に比べて「なるべく円満に・・・」と言ってくる相談者さんが多いような気がします。
でも、相手が既に無茶なことを言っていて、それに対抗していくのですから、なかなか円満にとはいかないことが多いのですよね。こちらは何も悪くないのに、嫌な思いをしなければならないというのは納得いかないけれど・・・

でもやっぱり「割り切る」しかないですよね。

ところで、立つ鳥?発つ鳥?跡を?後を?
「発つ鳥」と「後」が正しいような気がする!と思って辞書を調べたら「立つ鳥後を濁さず」でした。
でも「発つ」のほうが意味はよりはっきりすると思うのに。。。国語国文学科出身ですが日本語は難しいです!
[2006/06/30 18:53] 林@RSC [ 編集 ]

今更ながらコメント。

とても参考になりました。
やはりこういった問題に悩んでる方は多いのですね。

「立つ鳥後を濁さず?」

「飛び立った鳥は、飛び立った後の水面を濁さない。」
という意味だったら、「立つ」「後を」で
正しそうですね。
[2007/10/31 17:59] yuyuki [ 編集 ]

こちらも今更ですが・・・。

有休の問題は、当センターに寄せられる相談の中では結構多いですね。トップが、やはりこの問題の退職前に有休消化できるかどうか、というものです。

既に慣習になっている会社は別として、そうでない会社、特に通常であっても有休が取れないような会社では難しい現実があるようです。

退職日に余裕を持って、会社とよく話し合って、という手順が重要ですよね。


私も今文章を見直してみて、「発つ鳥」はやっぱりおかしいよな、と思ってしまいました(笑)。

- コメントの投稿 -















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roudou.blog61.fc2.com/tb.php/38-cab71614






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。