スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タクシードライバーの過酷な労働環境・・・ 

みなさん、ご無沙汰しております。RSCの佐々木です・・・久々の更新お許しください・・・

さて、昨日あるテレビ局の取材班が偶然交通事故の現場に遭遇したということでそのニュースがながれていました。事故はお昼時の都心、22歳のサラリーマンが歩道を歩いていたところ、タクシーが突っ込んできてはねられてしまったというものでした。幸い、サラリーマンは骨折などで命に別状はなかったので良かったのですが。

この事故、なぜタクシーが突然歩道につっこんだのかというと、その場で運転手がテレビの取材に対して、「2車線道路を並走していたもう1台のタクシーが自分の車の前を遮るように突然車線変更をして、逃げようと思って歩道につっこんだ」と答えていました。
これに対して、もう1台のタクシーの運転手は「車線変更をしたらタクシーが猛スピードで自分の車に突っ込んで、弾き飛ばされて歩道につっこんだ」と答えています。
主張に食い違いがあるようですが、目撃者によるとこの2台のタクシーは事故現場の随分前から争うように並走し、かなりのスピードを出していたというのです。1分でも1秒でも早く目的地に到着し、次のお客さんを確保しなければ自分の賃金も低くなってしまう、さらにタクシーの規制緩和以来、行き過ぎた過当競争が横行し、そのしわよせが労働者にやってきている、こういったことが事故の背景に見えるような気がしてなりません。また長時間労働によって気持ちにゆとりがなくなってしまっているのではないでしょうか?
企業同士の競争は利用者にとってはサービス向上や料金の低下など良い結果をもたらすことは否定しません。しかし、行き過ぎた競争によって労働者の健康や生活に支障をもたらし、さらに利用者や周りの人間の安全を脅かすような事態があってはいけません。
シンドラーエレベータの事故も同じようなことが言える部分もあると思います。競争がもたらす功罪を考えないといけませんね。私はそう思います。

<佐々木>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

スポンサーサイト

[2006/06/20 15:57] 労働時間 | TB(0) | CM(0)

- コメントの投稿 -















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roudou.blog61.fc2.com/tb.php/31-42ba1ff3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。