スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

医師が不足しています 

小児科医不足を背景に、厚生労働省が年間8100万円の予算を計上、昨年から目玉事業として鋭意取り組んでいる、出産や育児で現場を離れた女性医師が職場に復帰する為の研修事業があります。なんとこれが完全に空振りで、研修を受けたのは全国で1名だけというニュースを先日みました。地方からは「そもそも子育てを機に完全に仕事を辞める女性医師はいない」という声が上がるなど、現場とお役人の間でかなり実態把握にズレがあるようです。

それでも医師不足は深刻なようで、連日新聞でも目に付きます。そこで労働の現場から。当センターに医師や看護士から寄せられる相談は少なくないです。そしてほとんどの相談が長時間労働に関するものです。一例を挙げます。

・月150時間を超える場合もあるほどの超長時間労働
・夜勤担当の日は連続30時間超勤務、それが月の半分に及ぶ時もある
・休憩どころか休日もなかなか取れない
・当直手当はもらえるが実際の時間外割増の半分ほど
・年中無休の緊急受入病院なのに患者数に対し看護士数が異常に少ない
・看護士が定員の8割弱しかいない状態

過労で今にも倒れそうな方たちが医療の現場を支えているのかと思うとぞっとします。いくら管理体制をしっかり整えても、人間はロボットではないので、疲労すれば注意力も散漫になります。医療ミスの問題にしても、起こるべくして起こっているケースも多いのでは、と思うのです。

もちろん、このような激務は医師不足も関係していると思います。しかし、相談の中には経費削減のために病院側が率先して人件費圧縮を進めているような例もありました。

長時間労働は、人から時間的なゆとりだけではなく精神的なゆとりも奪います。このような状況では、とても行き届いた医療サービスの提供はできないのではないかと心配してしまいます。

最後に、同じように心にゆとりを持つことが必要であり重要なのに、長時間労働がひどくなってきていると感じる現場が、教育の場です。疲れきっている先生からの相談を読んでいると、政府には切実に的を得た対策をして欲しいと思います。

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!
スポンサーサイト

[2006/06/19 15:53] その他ニュース | TB(0) | CM(2)

教育の現場

妻は公立の教育現場で働く教師です。
授業の他、生徒指導、部活動、各種資料作成など複数の業務を行っているため帰宅は常に22時を回ります。
日中は授業、生徒指導、部活動に時間を取られるため、
生徒の下校後、ようやく自分の仕事が出来るということです。
朝は7時には出勤するので、約14時間労働をこなしていることになります。土日も部活で出勤しています。
それでも残業代は無し。手当ても2千円弱とすずめの涙程度です。一般会社員の労働契約ならば明らかに過剰労働、過少待遇と感じます。
[2006/06/20 08:04] asahi [ 編集 ]

私の友人にも・・・

私の友人や先輩にも私立・公立ともに先生をやっている方たちがいます。今は、教師ってほんっとうに大変なんですよね。生徒に振り回されるのはまだ良いとして、理不尽なことを言ってくる親も増えていると聞きますし、文部科学省の方針にも振り回され・・・。

先生が登校拒否なんて話も聞いたりしますが、課せられた過大な責任や業務内容を聞いていると、未来を担う子供達を導く先生が、こんなにあっぷあっぷで良いのだろうかと疑問に思います。
[2006/06/21 18:02] [ 編集 ]

- コメントの投稿 -















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roudou.blog61.fc2.com/tb.php/30-0914d1c1






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。