スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

男女雇用均等法が改正 

こんにちは。労働サポートセンターの林です。

本日は、改正男女雇用均等法のおはなし。本日衆院で可決・成立したできたてほやほやの話題です。

ポイントは「間接差別」の禁止です。表面的には男女平等に見えるが、実際は性によって不利益を被るケースを間接差別としています。具体的に、以下の3点を間接差別として禁じました。

(1)募集・採用時に身長・体重を条件にする
(2)総合職の募集・採用時に全国転勤を要件にする
(3)昇進時に転勤経験を要件にする

また、妊娠や出産、産休の取得を理由にした解雇は禁止されていましたが、この枠が広がりました。解雇はもちろん、雇用形態の変更(正社員からアルバイトへの変更など)、配置転換や退職強要なども禁止となりました。

ちょっと目をひいたのは、企業には適切なセクハラ対策の実施が義務づけられていますが、これが女性だけではなく対男性に対しても行うようにと盛り込まれています。

間接差別については、3点に絞ってしまうと他のケースは差別と言えない状況がでてくるのではと懸念する声も上がっているようです。

この改正法は来年4月に施行となります。

ところで皆さん、「男女雇用機会均等法」という言葉は聞いたことあると思いますが、この法律の正式名称を知っていますか?

雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律

です。・・・覚えられません!!

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!
スポンサーサイト

[2006/06/15 17:16] その他労働関連 | TB(0) | CM(2)

わが社も

小さいながら、大企業のグループの連結子会社なので、「あらゆる法令を遵守し・・・」から始まる行動憲章を持っています。製造業なので、従業員募集時には男女区別をつけたいのですが、表立って謳うことはしていません。実際は男性のみの募集なのです。
前回、女性より電話があり面接まではしましたが、結局、不採用としたことがありました。
正直、現場では性別を考慮した採用が多々あります。


[2006/06/15 22:26] asahi [ 編集 ]

難しいですよね

製造業なのでどうしても男性に・・・という気持ちは分からないでもないです。ですが、その「業務がこなせる」ことが問題であって、「男性か女性か」が問題ではないのですよね。
例えばアメリカでは、年齢差別に繋がるので面接で生年月日も聞いてはいけないそうですよ。他にも家族構成、性別、人種、宗教も面接ではタブーです。
制度はできても、人の意識を変えていくにはやっぱりまだまだ時間がかかりそうですね!
<<林>>
[2006/06/19 16:10] [ 編集 ]

- コメントの投稿 -















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roudou.blog61.fc2.com/tb.php/26-087ee29c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。