スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

就業規則の記載事項 

みなさんこんにちは。冷房があまり好きではないので、職場に扇風機を導入した労働サポートセンターの林です。

以前書いた記事を読んでいたら、就業規則に記載しなければいけない事項について次回かいていきたいなどと書いておいて放置していたので、今日はこれについて書こうと思います。

就業規則には、絶対に記載しなくてはいけない事項(絶対的記載事項)、実施する場合には記載しなくてはいけない事項(相対的記載事項)、定めておきたいことがあれば記載すればよい事項(任意的記載事項)の3種類の記載事項があります。

絶対的記載事項

① 始業と就業時刻、休憩時間、休日、休暇、交替勤務の場合の就業時転換に関すること

② 賃金(賞与など臨時の賃金を除く)の決定・計算・支払いの方法、賃金の締め切り、支払い時期、昇給に関すること

③退職に関すること(解雇に関することを含む)


相対的記載事項

① 退職手当を定める場合には、適用される労働者の範囲、金額の決定、計算方法、支払方法、支払い時期

② 賞与などの臨時の賃金、最低賃金

③ 労働者の食費や消耗品などの費用

④ 安全衛生に関する事項

⑤ 職業訓練に関する事項

⑥ 災害補償、業務外の疾病扶助に関する事項

⑦ 表彰、懲戒処分の種類と程度

⑧ ①~⑦以外の、当該事業所のすべての労働者に適用される事項


任意的記載事項

絶対的記載事項と相対的記載事項以外であっても、法令や労働協約などに違反しない限り、なんでも定めることができます

例)従業員の心得、福利厚生など


えー、以上が就業規則に記載されている内容たちです。

ところで皆さん、就業規則を最初から最後まで読破した方はいますか?私は、ここにきてこそ目を皿のようにして読んだことがありますが、学生時代のアルバイトも含め、今まで働いてきたところで就業規則をはじめから終わりまで目を通したことは1度もありまっせん。

新入社員で入った会社では入社時に渡されたので確かさらっとパラパラとページだけはめくったような・・・?

<<林>>

人気blogランキング 参考になった場合には
FC2 Blog Ranking クリックお願いします。
スポンサーサイト

[2007/06/20 17:13] 労働契約 | TB(0) | CM(0)

- コメントの投稿 -















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roudou.blog61.fc2.com/tb.php/128-f62205d2






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。