スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「以上」、「以下」、「超える」、「未満」について 

みなさんこんばんは。金曜日はスタッフでお花見(夜桜・・・)なのですが、立川の天気予報は優れずちょっと心配な林です。

さて、本日は『「以上」、「以下」、「超える」、「未満」について』。

これだけだと、なんだそりゃって感じですね。

つい先日以下のような趣旨の相談を受けました。

Q.03年4月1日に入社して、08年3月末日で退職します。当社(A社とします)の退職金規定では退職金の支給は『5年以上』となっています。A社から、「キミは5年ぴったりであり、5年以上ではないからなので退職金は出ないよ」といわれたのですが、本当でしょうか?


さて皆さん、A社の主張は正しいと思いますか?



A.答えはNOです。

手持ちの広辞苑で「以上」を調べてみると以下のとおりです。

いーじょう 【以上・巳上】 ・・ジャウ
①程度・数量などについて、それより多い、または優れていること。法律・数学などでは、基準の数値を含みそれより上。
-以下略

そう、『基準の数値を含んでそれより上』を指すのが『以上』という言葉なのです。よって、5年ぴったり以上務めている従業員に対して退職金を支払わなくてはいけないというのが、A社の退職規定なのです。

なんだか国語問題ですね。

では、A社の主張する通りの退職金規定である場合にはどのような表現が正しいのか。労働基準法に倣っていえば「5年を超える」が模範解答だと思います。

*****

例えば、休憩について労基法では以下のように定めています。

第34条 使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

これは、以前も書いたように思いますが、「超える」という表現ですので6時間ぴったり労働の場合には休憩は与えずとも違法とはならず、同様に8時間ぴったり労働の場合には休憩は45分でも良い、ということです。

最後に、「以下」と「未満」については皆さんほとんどご理解されていると思いますが、タイトルを尊重して説明しますと、

以下 → 基準を含んでそれより下
未満 → 基準を含まずそれより下

です。

以上!

<<林>>

人気blogランキング 参考になった場合には
FC2 Blog Ranking クリックお願いします。
スポンサーサイト

[2007/03/28 19:30] その他労働関連 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2007/03/30 17:20] - [ 編集 ]

- コメントの投稿 -















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roudou.blog61.fc2.com/tb.php/121-42376767






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。