スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

算定基礎額を極める!! 

みなさんこんにちは!お気に入りだった近くのお店がつぶれてしまってちょっと悲しい林です。

受けた労働相談に必要だったので本日は算定基礎額についてお話します。

本来なら会社が賃金を計算する為に必要なものなので、働く側が把握していなければいけないものではないのですが、時間外、休日、深夜の割増賃金の計算にはなくてはならないものです。

算定基礎額は、給料明細と就業規則があれば分かります。
明細を見ると様々な手当がついていると思います。それら手当の中から、以下の『除外項目』を差し引いて合計した金額が算定基礎額となります。

①家族手当
②通勤手当
③別居手当
④子女教育手当
⑤住宅手当
⑥臨時に支払われた賃金
⑦1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金


(もちろん、時間外、休日、深夜の割増賃金の割増賃金は算定基礎額によって算出されるのですから、算定基礎額は入りません。)

ここで終わりにしても良いのですが、本日のタイトルは「算定基礎額を極める!!」ですので、もう少し突っ込んで説明したいと思います。

<除外されない場合もある>

①~⑤までの手当について、除外される場合とは、質によって額が変わる場合なのです。

家族手当、別居手当、子女教育手当については、扶養家族のある者に対し、その家族数に応じて支給される場合は基礎から除外されます。

通勤手当は距離に応じて支払われる場合、住宅手当は住宅に要する費用に応じて支払われる場合は基礎から除外されます。

つまり、子供さんが何人であろうと、交通費の実費がいくらであろうと手当の額が変わらないような場合は、除外されませんので算定基礎額に入ります。

算定基礎額は基本給だけで計算されているケースも少なくないようです。チェックしなおしてみても良いかもしれませんね!

<<林>>

人気blogランキング 参考になった場合には
FC2 Blog Ranking クリックお願いします。

スポンサーサイト

[2007/02/28 13:07] 賃金 | TB(0) | CM(0)

- コメントの投稿 -















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://roudou.blog61.fc2.com/tb.php/116-b496b605






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。