スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もう5つ寝るとお正月。 

労働サポートセンターは本日が今年の最終営業(?)日。
12月28日から来年1月4日まではお休みさせていただきます。

この間のご相談につきましては、来年1月9日以降順じ対応させていただきますのでご了承ください。

本年は大変お世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

労働サポートセンター スタッフ一同


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!
スポンサーサイト

[2006/12/27 16:01] RSCからお知らせ | TB(0) | CM(1)

年俸制の分割払い 

みなさんこんにちは。昨日はものすごい雨の中アンジェラ・アキの弾き語りライブのために日本武道館まで行ってきた林です。ほっとんど曲知らなかったのですが(カバー抜かせば知ってるのはアンコールラストのThis Loveだけだった。タイトルもこの日初めて知った・・・。)、トーク面白いし、何より唄がめちゃくちゃ上手いので楽しめました。

さて、年俸制シリーズの第2弾です。題して年俸制の分割払い。
年俸制はご存知のとおり1年間でいくらかという制度です。

賃金は『毎月1回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない』という労基法第24条のシバリがあるので、年に1回ボコンと支払うということはできず、最低でも12分割して支払うことになります。

良く聞くのは、14分割や16分割にして、7月や12月にボーナス的に支払うという方法です。

これが実は時々マジックとなっています。例えば、5月に退職したとします。12分割でしたら、5月までの賃金はきちんともらって退職していることになりますが、14分割の場合には未払い分が発生していることになります。起算日から日割りで計算しなおし、未払い分を支払ってもらわなくてはいけません。

一般的に、「賞与」とか「ボーナス」とか「一時金」などと呼ばれる賃金は、法律で定められたものではなく、会社独自の制度です。法に抵触するような支給条件をつけることは禁止されていますが(ex.有休取得者には支給しないなど)、基本的には支払いのルールは会社独自のものです。

もちろん、制度をつくる義務もないですし、制度があっても大抵は規定の中に「業績に応じて」とか「支給日に在職していない者には支給しない」などと定められています。よほど確定した契約でなければ、不払いがあっても法的に争うのが難しい部類に入ります。労基署も「労基法で定められていないことだから・・・」と乗り気ではありません。

一方、年俸制の14分割や16分割というのは、これは支払いが約束された賃金です。支払方法の違いだけですので、退職日によって損をするということはありません。

「賞与」とか「ボーナス」とか「一時金」などと呼ばれる賃金とは、基本的に性質が全く違うんだ、ということをご記憶ください!!

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/12/27 15:55] 賃金 | TB(0) | CM(0)

ノロウイルス 

みなさんこんにちは。流行にのってノロウイルスに感染していた林です。今日は病み上がりなので雑談です。

いやぁ、何を食べたって記憶もないのですが、かかる時にはかかるもんですね。まるまる3日間まったく固形物受け付けませんでした。熱がないからノロではないかもと思っていましたが、別に熱は必ず出るって訳ではないんですね。

病院に行っても何もしてくれない(できない)とは聞いていたのですが、ノロじゃなかったらやばいなぁと思って病院行ったら、やっぱりノロだといわれました。

私は大の病院嫌いで、めったなことでは行きません。大学受験のときに一時的に目が悪くなり、保険の先生に話したら「目医者に行けば自分にあった目薬作ってくれるのよ。早いうちに行ったほうがいいわよ。」と言われたから行ったのに、「1.0は普通ですよ。星でも見てなさい。」とまるで相手にされなかったのも医者嫌いに拍車をかけました。2.0だったのだから、1.0も落ちてるのに(怒)!!!

健康診断を除けば何年ぶりだろう・・・。大抵の病は自力で治るし、ちゃんと休んで自力で治したほうが良いだろうと思っています。が、さすがにモノが何日も食べれないというのに恐怖を感じ、病院まで送り迎えしてくれるというスタッフの甘言にのせられて行って参りました。

症状を聞いてお医者さん曰く、

「ボクね、やっぱりこれはノロウイルスだと思うよ。仕事?休めるなら休んだほうがいいさぁ。ゆっくりしてね。でも生活かかってるって言うなら行くなとは言えないよ。感染?大丈夫大丈夫。マスコミが騒ぎすぎなだけだよ!隔離しなきゃいけないって指定されてるウイルスではないんだから!それでね、病院では何もできないからね、治るまでごはん食べないでおきなさい。吐くだけだから。小さい子にはこんなこと言わないけどね。体力あるから大丈夫だよ。きつかったら点滴打つからまたいらっしゃい。漢方薬出すからね。食後って書いてあるけど食べないでいいからね。ポカリたくさんのみなさい。お大事に~。」

・・・このお医者さんはちょっと好きです。

<<林>>

人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/12/25 11:24] スタッフのヒトコト | TB(0) | CM(2)

年俸制と残業代 

みなさんこんにちは。気がついたらグラコロバーガーの販売期間が過ぎ去っていてちょっとがっかりしている林です。

さて、本日は非常に勘違いをしている方が多い「年俸制と残業代の関係」について。(これって、まだ書いていないですよね?何回も文章にはしているので改めて書くのが変な気がします。)

年俸制の契約を結んでいる場合には残業代は出ない(含まれている)と考えている方が非常に多いようです。

しかし、労働時間の原則は1日8時間、1週40時間です。年俸制でもこれに変わりはありません。年俸は法定労働時間に対しての賃金であって、時間外労働は含まれていないのです。

よって、基本的に年俸制であっても時間外労働に対しては割増賃金を支払わなくてはいけません。

ただ、先日書いた記事のように、残業代を含む契約にすることは可能です。もちろんその場合には、一体何時間分が含まれているのか明記されていないといけません。

<<林>>

人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/12/18 18:06] 賃金 | TB(0) | CM(3)

★会員限定★ RST 発行のお知らせ 

会員のみなさまへ

『労働サポート通信*RST』のvol.049が発行されました。

今回は「添乗員の実態①」です。

メールをチェックしていただき、届いていない方は当センターまでご連絡ください。

<<RSCスタッフ>>

人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/12/14 18:34] RSCからお知らせ | TB(0) | CM(0)

監督官の6割がホワイトカラー・エグゼンプション導入に反対 

みなさんこんばんは。ガスファンヒーターの購入を真剣に考えている冷え性の林です。

さて、今回は表題の通り。労働基準監督署の監督官の6割がホワイトカラー・エグゼンプションの導入に反対しているそうです。みなさん、6割という数字どう思われます?私の第一印象は・・・

低っ!!!

です。

だって、監督官というのはまさに現場を知っている人です。管理監督者と言えない人たちが管理監督者扱いされて無給で長時間労働していたりする実態を知っている人たちです。過労死事件なども直に取り扱っている人たちです。それでも6割しか反対しないんですね・・・。

この結果は、全労働省労働組合という労働組合が全国の監督官に対して実施したアンケートによります。全労働とは、厚労省や都道府県の労働局、労基署、ハローワークなどの職員で構成されています。(監督官も労働組合の組合員というのが何だか不思議です。)

朝日新聞のニュースには、「導入すべきではない」6割の人たちの意見が載っていたのですが、私としては「導入すべき」とした17.9%の人たちの意見が知りたいです。と思って全労働のHPを見てみたのですが見つかりませんでした。

ちなみに、見直すべき点(複数回答)として一番多かったのは「監督官の増員」71.3%だそうです。さすが監督官からのアンケート!!他のアンケートでは絶対にない答えですよね。私も激しく同意です。

<<林>>

人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/12/14 11:30] 労働法制見直しの動き | TB(0) | CM(0)

解雇の金銭解決制度は見送り。しかし・・・ 

みなさんこんにちは。郵便物紛失でてんてこ舞いの林です。普通郵便(定形外)でも郵便局って結構調べてくれるんですね・・・。

さて、このブログでも何回か記事にしている労働法制見直しの動き。
どうやら、解雇の金銭解決制度は法制化が見送られたようです。

でも、当たり前だと思いませんか?裁判で「解雇は無効」という判決を取っても、いくらかのお金払われて解雇されちゃう制度ですよ?

どうにもならないことは、お金で解決するのが一般的です。というか、それ以外に解決しようがないのでお金で解決させるしかありません。でも、それは『お金でしか解決しようがない』ケースの話であって、本来は手続が間違ってたのなら、その手続前の状態に戻すことが筋だと思います。

で、解雇の金銭解決制度と同様に行く末が心配されているホワイトカラー・エグゼンプションですが、これは対象者の年収を明記しないまでも、週休2日分の休日確保を条件に、来年の通常国会に提出される見通しのようです。

この動きを受けて、当センターではboffさんに教えていただいた日本版エグゼンプションに反対する共同声明のバナーを貼ってみました(この記事アップの後貼ります)。まずは、できることから・・・。

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/12/08 12:02] 労働法制見直しの動き | TB(0) | CM(3)

過労死基金が設立 

みなさんこんにちは。大学の国語国文学科を卒業し、今もメールで労働相談と常に文章を書いている身分なのに、ジャストシステムが主催する『全国一斉!日本語テスト』では78点・・・の林です。(皆さんもお試しあれ!!)

さて、本日は過労死基金を設立!というニュースから。
すかいらーくの店長だった夫を過労死で亡くした遺族が、企業から得た賠償金の一部を使って「過労死をなくそう!龍基金」をつくったとのことです。

過労死をめぐる闘いは多大な困難を乗り越えて・・・というのが多いです。
不幸にも過労死してしまった方が一家の大黒柱という場合、皆さん裁判ができるほどの金銭的・身体的ゆとりがナイというのは一般的です。労働時間の証明、過重な責任がかかっていたことの証明、本人がいない状態で遺族が証拠を集めるのも大変です。

結果、どんなに悔しくても諦めるしかない遺族も少なくありません。

是非、そんな方々の救いになって欲しいですね。問合せ先は当センターと同様NPO法人の労働相談センターです。

<<林>>

人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!
続きを読む
[2006/12/05 11:36] その他労働関連 | TB(0) | CM(0)

派遣の直接雇用 ~義務化撤廃の動き~ 

みなさんこんにちは。久しぶりの林です。

今日の朝日の一面はでかでかと派遣労働者の直接雇用義務化撤廃の動きが報道されていました。

政府の経済財政諮問会議では、「労働ビッグバン」と名づけて現在の労働にまつわる常識を変えていこうとしているようです。

現在、企業が派遣労働者を使用する場合、最長でも3年経過すれば直接雇用の義務があります。

もともとは「労働契約は直接雇用」というのが原則で、派遣法はその流れを大きく変える画期的法律だったので、『なるべくなら直接雇用にしなさい』という意図がこの一定期間経過後の直接雇用義務に含まれているわけです。

政府の経済財政諮問会議では民間議員(経団連会長ら4名)から、この義務があるために企業が正社員化を避けて契約期間を短期化し、結果派遣労働者の雇用を不安定にしていると言っており、義務化撤廃は「派遣労働者の真の保護につながる」とのこと。

・・・どうしてそうなるの?という感想です。

他にも、正社員と非正規社員との格差を是正するという目的で、正社員の解雇や賃下げの条件を緩和しようと言ってるそうです。うーん、下のレベルにあわせるのではなく、上のレベルにあわせるのが本当の格差の是正ではないのでしょうか。

こんなことがおおっぴらに話し合われていることに驚きを感じます。働いている皆さんはどう思いますか?

<<林>>

人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/12/01 11:12] その他ニュース | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。