スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エアコンはあまり好きではないけれど・・・ 

こんにちは、労働サポートセンターの林です。

突き抜けるような青空にもくもくの入道雲・・・。
子供の頃に絵に描いたような夏日がなかなかこないです。
昨日一昨日と違って今日の東京は暑いですが、それでも曇り空。
なんというか、あの宇宙の色(子供の頃そう教えられたけど本当なんでしょうか。)、深い濃い青の空にはとんと出会ってない気がします。

さて、みなさまは家にエアコンがついているでしょうか。
恐らくほとんどの家庭にはついていますよね。
私の家には、ようやくこの前の土曜日につきました。
というのも、2年半前に今の部屋に引っ越してきたのですが、エアコンがついていなかったので前の部屋で使っていたエアコンを持ってきたのです。

ところが、面倒でずっと取り付けていませんでした。部屋に立て掛けたまま放置・・・。
扇風機だけで2回も夏を越してしまったので、もうつけなくてもいいかなと思っていたのですが、やはりつけようと思い立って電気屋に見積もり取ったら2万円!!た・・・高い・・・。

結局、省エネ効果も考えて近くのビックカメラで最安のエアコンを衝動買い。土曜日につけてもらいました。ところが冷夏に突入。テスト走行のみでまだお世話になっていません・・・。今日は使うかな。

ということで本日はエアコンの話です。もうひとつ小話を。

子供の頃、学校にエアコンついてるのは当然と思っていました。
そういうと「贅沢だ!」と言われると知ったのは高校になってからです。

というのは、実際に小学校にも中学校にもエアコンがついていたからです。私は米軍基地のある町で育ったので、公立ですが学校の窓は2重窓。エアコン完備。そういう環境だったので、高校にあがって別の市にある都立高校に行った時の・・・夏の悲劇・・・。

当時はすごく暑がりで、エアコンがないと駄目な身体になっていたのでつらかったのを覚えています。

今は、エアコンの寒さに弱い省エネ体質になっています。事務所では大抵長袖着用。今も「寒い!」とエアコンの温度を上げてもらったところです。

そんなエアコンにまつわるお話でした。

<<林>>
スポンサーサイト

[2006/08/29 16:38] スタッフのヒトコト | TB(0) | CM(0)

休憩時間は拘束時間?労働時間? 

みなさんこんにちは。労働サポートセンターの林です。

本日はリクエストいただきましたので

『休憩時間は拘束時間??』

でっす。

具体的なご質問は

早退の場合、休憩時間直前に。
遅刻の場合、休憩時間直後に。
出勤した場合、休憩時間は労働時間としてカウントされるのか?


というものでした。

時間給で働く方たちのためにとのことですので、

休憩時間は労働時間としてカウントされるのか?
というよりは
休憩時間も拘束時間だからその間は帰れないのか?

ということですよね。
(解釈が違ってたらご連絡ください。)

例えば・・・

Q:8時から17時まで働いています。休憩は12時から13時までです。
本日、半休を取ることになりました。
午前に半休を取る場合は何時まで勤務しなければならない?
午後に半休を取る場合は何時に出勤しなければならない?



確かに、細かいけれど非常に気になることですね。
自分のアルバイト時代を思い出します。

では、以下解説です。

労働者は労働時間の間は使用者(会社)の指揮命令下におかれます。
逆に言えば、指揮命令下におかれている時間は労働時間です。

休憩時間とは、この指揮命令下から解放された自由な時間でなければなりません。

ということはどういうことかというと、

「ココで待機していなさい」
「何時までココにいなければなりません」
「休憩時間でも電話対応はしなくてはなりません」

などという状態は「解放された自由な時間」とは言えないから休憩時間とはならないということです。
つまり、労働時間となって賃金の支払い対象になります。


A:午前に半休を取る場合は12時まで勤務し、
午後に半休を取る場合は13時までに出勤すればよい



もし、午前に半休を取る場合に13時までいなさいと言ったり、午後に半休を取る場合に12時には来ていなさいと言ったら、それは業務命令となって賃金の支払い対象になってしまうということです。

休憩時間ではなく、いわゆる待機時間となってしまうんですよ。

以上、ご質問の趣旨と違ったらすみません・・・。

<<林>>

『参考になった!』という人は是非↓↓クリックお願いします(*^.^*)。

人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/25 18:34] 労働時間 | TB(0) | CM(6)

有休と労働時間と賃金 

みなさんこんにちは。労働サポートセンターの林です。

本日は有休と労働時間について。

原則どおりに1日8時間、1週40時間が所定労働時間とします。
(所定労働時間の意味についてはこちらの記事を参考に)
オーソドックスに労働日は月曜日から金曜日としましょう。法定休日は日曜日です。


Q:水曜日に有休を取得し、土曜日に出勤して8時間働きました。この時の土曜日出勤分についての賃金には時間外労働の割増がつくでしょうか?
また、つくとしたら何パーセントつくのでしょうか?


みなさん、分かりますか?

以下、解説です。

有休は労働基準法で定められた制度であり、取得することによって不利益な取り扱いをすることは禁止されています。

例えば、取得率を評価の対象にして賞与や昇給などに反映させるのは違法です。
そういう意味では、実際は休んでいても「働いたとみなす」制度です。

では、この場合は週48時間労働したとして、土曜日の労働時間分については割増をつけなければならないのでしょうか?


A:時間外の割増は実労働で考えます。よって、この週の実労働は40時間ですので時間外割増はまったくつきません。

もちろん、この例では土曜日は法定休日ではないので実労働として週48時間働いていたとしても、時間外の割増は40時間を越えた8時間に対して、25%がつくことになります。これが日曜日の法定休日労働であれば、35%の割増率になります。

簡単だったでしょうか。

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/22 11:04] 労働時間 | TB(0) | CM(3)

夏休み真っ盛り 

みなさんこんばんは。労働サポートセンターの林です。

タイトルは「夏休み真っ盛り」。
といっても、これは当センターの話です。
世間ではそろそろ夏休みも終わっていると思いますが、当センターは今年はスタッフがそれぞれ交代で休みをとっています。誰かしら職場にいるようにしているのです。

そして…今週は…なんと私以外のスタッフが全員お休みなのです。
当センターは労働相談は曜日で担当割をしています。それを今週は全部わたしがやらないといけないのです!

それよりもなによりも、事務所にぽつんとひとりだと寂しいです…。
相談対応していて「こういう場合ってどうだっけ?」と相談する相手もいません。
一緒にお昼ごはんを食べてくれる人もいません。

今日はとても寂しかったので、明日はCDラジカセ持っていってバックミュージックかけながら仕事しようと思いました。

あーあ。早くみんな帰ってこないかな…。

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/21 23:34] スタッフのヒトコト | TB(0) | CM(0)

有給休暇の積極的な消化を! 

今日の立川市(東京都)は恐ろしく暑いです。私たちの事務所は駅から歩いて10分強のところにあるのですが、駅から事務所まで歩くだけで汗だらだら、体だるだる・・・こんな状態です。これからうちの林と近くのレインボープールに行ってきます!!

というのは冗談ですが、実は私は明日から夏休みになります。気分はいいですね~。夏休み旅行記楽しみにしていてくださいね。労働問題とはまったく関係ない記事になりますが、たまには良しとしましょう。

さてさて、今年の夏休みですがみなさんはどのくらい休めているのでしょうか?2年くらい前の東京都労働局の調査によると、その年の平均は5.5日、夏休みの日数は年々減少傾向だということです。ただ夏休みの希望日数としては毎年8日間近くあるらしく、理想と現実の差が広がる一方なのですね。

夏休みはいわゆる特別休暇ということで会社によってその日数はまちまちですが、有給休暇はみなさんもご存知の通り労働基準法で与えられた労働者の権利です。原則的には労働者が自由な時に取得できるのですが、はたして与えられた有給休暇を100%取得できているという方はどの程度いるのでしょうか?みなさんはどうですか??

法的には有給休暇の時効は2年です。つまり、与えられてから2年経過した段階で残っている有給休暇はその権利が消滅してしまいます。ある調査では、このようにして労働者が消滅させてしまう有給休暇は平均10日を上回るということです。

せっかくの有給休暇を消滅させてしまう理由には、「仕事が忙しくて休むことができない」「自分がいないと仕事がまわらない」といったこともあるようですが、「特に理由はないが、職場の先輩、上司、同僚がみんなそうなので、みんなと合わせてなんなく行動した結果、消滅させてしまった」というものが非常に多くなっているようです。有給休暇で休みにくい職場環境や有給休暇を取得することで上司などの評価が下がる恐れがある、こういったことが背景にはあるようです。

それぞれの会社、職場で事情は異なると思いますが、労働局をはじめ各行政機関からも「有給休暇を取得しやすい職場環境作りに努めるように」という指導も出されています。経営者はもちろんですが、働いているみなさんも積極的に有給休暇を取得するように心がけてはみませんか?

<佐々木>



人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!




[2006/08/18 12:19] 有給休暇 | TB(0) | CM(0)

★会員限定★ RST 発行のお知らせ 

会員のみなさまへ

『労働サポート通信*RST』のvol.044が発行されました。

今回は「入社時に会社が労働者に対してつけてはいけない条件」です。

メールをチェックしていただき、届いていない方は当センターまでご連絡ください。

<<RSCスタッフ>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/17 20:31] RSCからお知らせ | TB(0) | CM(0)

外国人研修生や技能実習生の実態 

みなさんこんにちは。右利きの林です。

さて、本日朝日新聞の一面で外国人研修生や技能実習生に対する違法雇用の実態が報道されていました。

「技術を学んでもらう」というのが目的の研修制度であったのが、安くて使い捨てのできる労働力として法を下回る低賃金で酷使されているという実態、また一方で実習生側からは低賃金でも良いのでもっと働かせて欲しいという声も多々あるということが報じられています。

『技術を伝承して自国の産業発展に役立ててもらう』という制度の目的は立派ですが、相次ぐ規制緩和で『安く使い捨て可能な労働力』と成り下がっている実態を見ると、やはり建てなおしの必要性を感じずにはいられません。

そして、忘れてはならないのは『安くて使い捨て可能な労働力』とされても良いので日本で働かせて欲しいと願っている外国人研修生や技能実習生がたくさんいるということですよね。


余談ですが、おととい『シンドラーのリスト』を久しぶりに見ました。ナチは、ユダヤ人を人間以下の存在として扱いました。初めて見るわけではないのに、その理不尽さに腹立たしいし哀しいし。
このニュースを見て、似たような感覚を味わいました。

弱い立場の者を食いモノにするようなことばかりしていていいのかな?日本はどうなっちゃうのかな?とちょっと怖くなります。

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/17 11:23] その他労働関連 | TB(0) | CM(0)

左利きの方が高給取りという調査結果 

お盆休み真っ只中という方も多くいるのではないでしょうか?私は残念ながら事務所のパソコンに向かっています・・・

さてさて、何か面白いニュースはないのかなと探していたら、見つけましたよ!

アメリカのある経済研究所が行った調査によると、アメリカの大卒の労働者を年収を調査したところ右利きの労働者より、左利きの労働者の方が多く稼いでいるという結果が得られたそうです。しかも、左利きの労働者の方が26%近くも年収が高かったそうです。このことを説明できる理論というものはまだ見つかっていないようなのですが、とても気になる調査結果だと私は思いました。
また女性に関しては利き手による明らかな年収の差はなかったということです。

そういえば、アメリカの大統領ロナルド・レーガン、ジョージ・ブッシュ、ビル・クリントン、この3人の歴代大統領は全員左利きだったそうです。ただの偶然なのでしょうかね。

ただ間違いなく言えるのは、少なくとも日本では依然として左利きの人にとっては暮らしにくい社会だということだと思います。たとえば自動改札。左利きの人は左手でキップを挿入し、改札内に入ったら扉がしまってしまった・・・電車によく乗る方ならすぐに想像つくと思うのですが、通常、自動改札は右側の挿入口に切符を入れると左側の扉が開きますよね?左利きの人は気を付けないとこういう事態に巻き込まれてしまうのです。

日常生活で不便なことが多い左利きを矯正して右利きになるか、日常生活が多少不便でも26%も高くなるという年収をとるか悩むところです・・・

おっと、左利きの方が年収が必ず高くなるわけではありませんので悪しからず(笑)


<佐々木>



人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/16 17:35] その他労働関連 | TB(0) | CM(0)

真夏の大停電・・・ 

みなさん、こんばんは!労働サポートセンターの林です。

さて、本日朝首都圏を大停電が襲いました。
クレーン船が高圧線に接触!
JRや私鉄も止まるし、エレベーターに閉じ込められた人も出るし、夏休みなのに急遽会社に駆けつけたという人もいるし、ATMは止まるし、証券市場も混乱…大変な事態でした。

苦情や問い合わせ殺到で振り回された東電も、非難を受けるのは仕方ないのかも知れませんが気の毒な気もします…。
というのは、当センターの事務所のある立川市がなんの影響も受けなかったから言えることなのでしょうね。

当センターはネットで労働相談を受けるのがメイン業務です。マシンはデスクトップなので、ノートのように充電池がついていません。停電になったらその場で業務ストップです。

そう考えると、ほんとうに電気に頼りまくってるなぁと実感してしまいます。

ちなみに、私がこのニュースを知ったのは事務所に来てスタッフの雑談を聞いたのが最初です。午前11時くらいかな。

私は自宅ではテレビをほとんど見ません。いや、昨年スカパーに入ってからは音楽番組つけっぱなしというのは既に日常となっていますが、それ以前はテレビのコンセント入れてなかったくらいです。(なのでCMの話題などには全くついていけません。)代わりにいつでもCDかけてました。

ニュース番組や普通の民法などは相変わらず全くと言ってよいほど見てません。私のニュース情報源は新聞(朝刊のみ)とネットです。なので、朝刊に載らない最新ニュースは全く知らないんですよね。

こういった重大事件を知らずにいるとなると、やはり朝だけでもニュース番組つけておくべきかと考え直してしまいそうです…。

みなさんは、朝テレビつけてますか?

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/14 23:04] その他ニュース | TB(0) | CM(0)

夏休みはどのように過ごしますか?? 

今日は道が混んでるなぁ~なんて思ったら、来週から世間ではお盆休みに入るんですよね。今日から有給休暇で休んでしまって、出掛けている人が多いということなのでしょうか?みなさんはどのくらいの夏休みをとれるのでしょうか?予定はありますか???

私たちのスタッフはそれぞればらばらに夏休みをいただくのですが、私はお盆時をさけて休みをもらいます。そして、今年は北海道旅行を予定しています!!人の旅行記を読んでも楽しくないかもしれませんが、夏休み明けにはここでご紹介しようと思います。ちなみに林は東北地方に行くとかなんとか言っていましたので、ぜひ旅行記を書いてもらいたいですね。林さん、よろしくお願いしますよ~

今日は雑談的なことを書かせてもらっているので、もうちょっと話を続けましょう。私は以前は飲食店の正社員として働いていたのですが、みなさんもご存知のように飲食店は世間が休みの時が稼ぎ時です。当然、社員ともなるとお盆時は休めません。そのかわりに世間が仕事という時に休めるわけで、どこに遊びにいっても大混雑に遭遇することはなくなります。

そういった面では良いのですが、一緒に遊べる人がいない・・・その結果、家でだらだらと過ごすということになります。毎年、ジブリ作品の「ほたるの墓」を見て泣いていました。今年も僕は「ほたるの墓」を見て泣いていることでしょう!


<佐々木>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!




[2006/08/11 13:51] スタッフのヒトコト | TB(0) | CM(0)

心の病を抱える労働者が増加・・・ 

東京は台風一過ということもあって、今日は猛暑になっています!こんな日はカキ氷が食べたいですねぇ~。いちご、メロン、ブルーハワイ・・・みなさんは何がお好みでしょうか?

さて、前置きは良いとしまして、社会経済生産本部という財団法人が全国の上場企業約2千社に対して行った調査によると、3年間で「心の病」を抱える従業員が増加した企業は6割にものぼったそうです。心の病で1ヶ月以上休業した労働者がいると答えた企業も7割に増加し、これも増加傾向にあるということです。

職場で「心の病」が増加している原因の1つに職場内でのコミュニケーション頻度が減少したということがあるという説がありますが、私はその通りだなと思いました。古い言葉のように聞こえますが、やはり「人と人とのつながりあい」というものは大切で、どんなに辛いことがあっても同僚に話したりすることができれば、忘れることもできるでしょうし、相談することで自分では気が付かなかった解決策も出てくると思います。また、上司に対するものであれば、アルコールを飲みながら「あのポンコツ上司!」などと思う存分ストレス発散できるのではないでしょうか!?

さて、みなさんは各商工会などで「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」というものが行われているのをご存知ですか?企業の人事担当者や経営幹部などを主に対象とした試験で、厚生労働省策定の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」というものをもとに主にマークシート方式で行われる検定試験です。

たとえば・・・「仕事に疲れたから会社を辞めたい」と突然言われた場合、あなたなら何と答えますか?「辛いのは今だけ、もうちょっと頑張ってみなさい」などという答えはメンタルヘスルケア的には論外です!「私でよければいつでも話を聞くから一度よく話し合おう」というようにコミュニケーションをはかるということが望ましい回答なんですよ。


<佐々木>



人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!



[2006/08/10 14:42] その他労働関連 | TB(0) | CM(0)

使用者側の方からの相談 

みなさんこんばんは。労働サポートセンターの林です。

さて、いまさらですが、当センターはメールでの労働相談対応を活動の中心としているNPO法人です。

活動を開始したのは03年の10月からで、記者会見の結果多くの新聞社などで取り上げていただき、以降、幸いなことに毎日毎日相談のメールが舞い込んできます。これは当たり前だと思いますが、労働者側の立場にいる方たちからの相談がほとんどです。

しかし、稀に使用者側の立場の方からの相談もやってきます。

労働者側の立場にいる方たちからの労働相談は、大半が使用者の労務管理に問題がある為にトラブルになった(なっている、なりそうだ)というケースです。

そんななかで、使用者側の立場の方が、行動に移す前に相談のメールをしてくるというのは、当センターとしては非常に良いことだと思っています。トラブルが大きくなってしまったら、会社の経営をも揺るがす事態にならないとも限りません。

使用者側の立場にいるみなさん、対応に困った時にはやはり専門家に相談されることをオススメします。当センターでなくとも、弁護士や社労士はもちろん、労働基準監督署などでも相談にのってくれます。

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/09 23:13] その他労働関連 | TB(0) | CM(0)

就業規則をみたことがない!! 

みなさんこんばんは・・・。労働サポートセンターの林です・・・。

今、今、信じられないことが起こりました・・・。
記事を全て書き終わって、後は保存するだけのところで・・・。
何故か保存の前にさっきから小窓が出てうざったかったウィルス対策ソフトの確認ボタンを押したら・・・新窓ではなく、書きかけブログ記事の管理画面がマカフィーのHPに繋がってしまいました・・・。
記事が・・・消えた・・・一瞬で・・・。

そんなかんじでかなりへこんでいますが、もう一度書きます。
就業規則です。

当センターの相談で、「就業規則がみられない!」という単体の相談はほとんどありません。しかし、オマケのように就業規則を見たことないことを訴えてくる相談者は実は非常に多いです。

ま、労務管理をしっかりしていない会社ではトラブルが起こりやすいのだから当然といえば当然の傾向です。

では就業規則が見られない場合、上司などに対して「就業規則を見せてください」と言えるでしょうか。言いづらいですよね。

そこで、こっそり見てしまう裏技をご紹介します。なんて、別に周知のことかもしれませんが・・・。

就業規則は、常時雇用する労働者(雇用形態に関わらず)が10名以上いる場合、使用者には

・作成義務(つくりなさい)
・周知義務(従業員に周知しなさい)
・届出義務(所轄の労基署に届出なさい)

という義務が発生します。

「うちには就業規則なんてないよ」なんて思っていても、実は周知義務を怠っているだけで、実際は作ってあって届出されているケースも少なくありません。

そんな場合は、コピーはさせてくれないのですが、会社の住所地を管轄する労基署で閲覧が可能です。従業員であることを証明する書類(賃金明細、社員証など)をお持ちになって労基署を訪ねてみましょう!


ちなみに、本当は周知されていない就業規則は無効なのですが、「周知されていなかった」ということを証明することは実は難しいのです。きちんと確認しておくことは後のトラブルを防ぐ布石になるかもしれませんよ~。

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/07 22:41] その他労働関連 | TB(0) | CM(1)

雇用形態 ~偽装請負編~ 

みなさんこんばんは!労働サポートセンターの林です。

さて、本日は予告より1日遅れてしまいましたが『請負』についてです。

前回もちらっと書きました。勘違いしている方が非常に多いようですが、『請負』は労働者とは全く違います。

具体的に言うと・・・

「賃金」ではなく「報酬」であり、
労働基準法を初めとした労働法の保護対象外であり、
厚生年金ではなく国民年金、健保ではなく国保、
失業保険の対象でもなく、有休もない。
何時間働こうが残業代もなく、
税金の申告は自分で確定申告をします。

その代わり・・・

時間管理をされることもなく、細かく指示されることもない。
「請け負った業務」を期間内に終了させて成果物(何にしても)を納めさえすれば良いのです。


言い方は悪いですが、わかりやすく説明してみますと・・・

労働者は、基本的には時間いくらで賃金が支払われます。その買われた時間内は使用者の管理・監督のもとで業務に励みます。労働者は業務命令下におかれ、基本的に使用者の指示に従う義務があります。

ところが請負は、基本的に業務を請け負うのです。その業務をこなしさえすれば、働き方について取引先に管理されたり指示されたりはしません。

難しく言うと、労働者と違い請負には「支配と従属」の関係がありません。

例えば大工の一人親方。雨の日には休もうが、昼間は暑いので寝てようが、契約した期間中に契約した家を建てさえすれば良いのです。つまり、請負とは労働者ではなく『業者』さんなんです。『個人事業主』といいますね。

世に請負契約を結んでいる方はたくさんいます。
しかし、自分が請負契約を結ばされているということを理解していない方もたくさんいます。

契約書が請負契約書でも、実態が労働者であれば『偽装請負』です。労働法の保護を受けられます。しかし、まず自分の労働者性を立証し、本当のトラブル解決はそこからなのです。

そして、私の印象では、労働基準監督署などでは契約書が請負であると、実態を追求もしないで切り捨てる傾向があるように思います。

労働者なのに請負契約を結ぶ『偽装請負』、派遣労働者なのに請負契約を結ぶ『派遣請負』、何故企業はそんなことをするのでしょうか?さまざまな雇用責任を免れる為ですよね。請負のメリットがないわけではないですが、それはきちんと理解して利用している人だけが活かせるのだと思います。

特に就職活動中のみなさん!
この記事を読んだら、もう一度自分が働こうとしている会社との関係を確認してみてください!!

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/04 17:59] 労働契約 | TB(1) | CM(7)

地球温暖化防止のために熱中症!? 

みなさん、本当にご無沙汰しております。。。更新がなかなかできなくてごめんなさい。林も更新の頻度が下がったことに謝っていましたが、私の場合には土下座をしなければいけない状態になっていますね。。。お許しください!

さて、関東地域は今週初めにやっと梅雨が明け、今日も30度以上の真夏日になっています。日差しもきつく、まもなくお昼なのですが外に出ただけで汗が滝のように流れるのではないかとびくびくしています。

ところで、昨日だか一昨日だかの報道で、「中央官庁では地球温暖化防止のために冷房温度を28度にしているが、パソコンなどの機器が発する熱によって室温が30度以上にもなる場所もあり、熱中症になってしまいそうだ」ということが書かれていました。記事を読んだ方もいると思いますが、冷房28度に設定しているが、その一方で暑さに耐え切れずに扇風機を何十台とまわしている部署があったり、夏にも関わらず、トイレ便座の温度が高く設定されたままであるなど、地球温暖化防止に向けた行動が首尾一貫していないという批判も発生しているようです。


確かに地球温暖化防止のためには冷房の極端な使いすぎは避けるべきだと思いますが、「地球温暖化のためには冷房の温度設定は28度以上にすべきだ」ということばかりが先行してしまって、そこで働く労働者の方が暑さのために体調を崩してしまうのではどうにもならないと思いませんか?

労働省からは労働安全衛生法に基づいてオフィスの室温は28度以下にするということが省令として出されています。「冷房の温度設定を28度にすることは問題だ」とまでは言いませんが、少なくとも実際の室温を計測し、労働省令にあるような基準をきちんと満たして、オフィス内で働きながら熱中症になってしまうということがないように会社には求めたいですね。

<佐々木>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!





[2006/08/04 12:21] その他労働関連 | TB(0) | CM(0)

雇用形態 ~請負編 前フリ~  

みなさんこんばんは!労働サポートセンターの林です。

さて、このブログをはじめて2ヶ月半程度たちました。早いものです。最近ちょっと更新がだらけぎみですが、それは最近当センターへの相談件数が増えているのも原因の一つなので許してください。

本日は、このブログの事実上の一番最初の記事の続きです。時間が経ちすぎたので少し説明です。

今は雇用形態が本当に複雑化&多様化しています。正社員、契約社員、アルバイト、パート、派遣、などは一般的かも知れませんが、会社によって独自に名称をつけていたりして、相談者の中には

「いったい自分がどんな雇用形態で雇われているのかわかりません!」

という方、実は少なくないんですよ。
また、理解していないという自覚のない人もいます。

労働者については以下の記事で書いています。
正社員、契約社員、アルバイト、パートなどについては以下の記事を参照ください。

雇用形態 ~労働者編 1~
雇用形態 ~労働者編 2~

前回の記事で次回は派遣社員!と豪語していました。

が、予定は必ずしも実行されるとは限りません。
今、朝日新聞がかなり追及しているようですので、『請負』について書いていきたいと思います。時事ニュースも兼ねて一石二鳥です。

そして・・・本日はタイトルで断ったとおり「前フリ」です。

タイトルは『雇用形態』とありますが、請負は本当は種別として雇用形態の中に属しません。つまり、雇用契約とは全くの別物です。

しかし、今問題になっているように、実態としては雇用契約なのに、企業は請負契約を結んで雇用責任を免れているという現実があるのです。

明日は、請負っていったいなんなのよ?ということについて書きたいと思います。

<<林>>


人気blogランキング ポチっと押してください!
FC2 Blog Ranking ポチっと押してください!

[2006/08/02 18:39] 労働契約 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。